kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

身体と心をつなげる入門本 〜外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

東京でも、ジャケットを着たまま歩くと、汗ばむ季節になってきましたね。
汗っかきの自分としては、嫌な季節になってきました。

今日紹介する本はこちら

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

 

最近、メンタリストのDaiGo氏の著書や推薦している本を読むことが多くなってます。
もしかしたら、彼の本を買いたくなるメンタリズムにかかってしまっているかもしれません笑

この本を読むきっかけ

  • 週3回30分程度のランニング
  • 週2回程度の自重トレーニング
  • 寝る前に、10分間の座禅

という感じで、普段身体を鍛えています。
上の身体を動かす系のトレーニングは、なんとか習慣にすることができ、続けることができています。
しかし、一番最後の「寝る前に、10分間の座禅」ができないようになってしまいました。数年前から、寝る前の座禅は習慣になっていたと思っていたのですが、最近座禅をすると、1度に10分間の座禅をすることができなくなり、短い座禅を数回するというようなスタイルになっています。

この本での学び

この本では、ヨガを「ストレッチ+瞑想」と紹介しています。
身体と心はひとつで、身体を整えることが心を整えることに繋がるということが描かれています。
確かに、最近座禅をするときに、身体が硬いまましていたような感覚でした。
この本を参考に、座禅に入る前の、自分なりのルーティンを作って、心を整えるということができるようになりたいと思います。

この本自体は、すごくテンポよく読める構成になっているので、だいたい30分程度でお読み終わることが出来ました。繰り返し読みながら、自分のものにしていきたいと思います。

ではでは。 

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣