kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

やっぱり脳の処理能力はすごい。

最近は雨降りが続くようになって、そろそろ春の暖かさを感じられるようになってくるのではないかと思います。
できれば、早く暖かい陽気が続くようになってほしいと思います。

2月は転職活動と現職での業務引き継ぎで慌ただしかったので、なかなか記事をかけていなかったが、3月に入って時間ができたので、しっかりと記事を書いていきたいと思う。

今日の記事

wired.jp

今日の記事はこちら。
完全にタイトルと書かれている内容のボリュームが一致していないですが、

〜ここから引用

脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。カナダのマギル大学やオックスフォード大学などの研究者チームによると、それにはタンパク質が関係しているという。

〜ここまで引用

たしかにそうだなという内容。

また別の記事でまとめるが、

人工知能は、金属と大きな電力で結果を出そうとしている。
一方で、人間の脳は、有機物と微細な電流で、様々な決断をしている。

ここに人工知能が、まだ超えられない壁が存在しているような気がしている。
人工知能が将棋などで人間を超えるようになったと言われているけど、消費エネルギーの割合から言うとどうなのか?と感じているところがある。

まだまだ人間が完全に解明されていないし、個人的な意見として、人工知能が高性能化して、人間臭くなってしまうのではないかと考えている。

人工知能の記事サーベイをしつつ、人間、脳科学や生物学についてもしっかり追いかけて行きたいと思う。

ではでは。