kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

座禅と脳の関係について(DMN:デフォルト・モード・ネットワーク)

個人的に座禅というか、マインドフルネスと脳の関係をまとめたいと思います。 DMN:デフォルト・モード・ネットワークを知ったきっかけ 脳の構造について DMN:デフォルト・モード・ネットワークとは? DMNと禅の関係 DMNと『非集中』 まとめ

fitbit ionicで「今」できることを紹介します!

これまでfitbit charge2からfitbit ionicに乗り換えてみたので、今できることをまとめたいと思います。ソフトウェアアップデートが間に合っていなかったり、アメリカ限定で日本で使えない機能があったりと、公式サイトではわからない、自分が把握しているこ…

Nokia、脈波伝播速度の測定やめるってよ。。

かなり衝撃的なニュースが、メルマガを通じて、飛び込んで来ました! 前のモデルから言うと、すでに4年も愛用しているNokia(旧・Withings)の体重計・Nokia Body Cardioですが、測定項目のひとつである、「脈波伝播速度」の計測をやめるそうです。。 詳しくは…

情報収集再考〜RSSリーダーとSNSの使い分け〜

今回は、2018年になったということもあり、社会人になって10年目ということもあり、情報収集方法について、棚卸しをしたいと思います。 普段使っている情報収集ツール RSSリーダーってなに? Feedlyとは? 情報収集ツールとしてのFacebook RSSリーダーとSNS…

楽天アフィリエイトIDの取得にひと苦労したので。。

主にAmazonアフィリエイトだけを運用してたんですが、楽天アフィリエイトもやってみようと思い、取得しようとしたら、IDがどこにあるかわからん。。 楽天アフィリエイトID確認URL https://webservice.rakuten.co.jp/account_affiliate_id/ すでに楽天会員の…

人工知能のパフォーマンスも単純な方法で改善する?

今回の記事 デベロッパーが使う機械学習のモデルがグローバルなトレンドに合うようにするTensorFlow Lattice | TechCrunch Japan 人工知能というか、機械学習をかじっている人にはおなじみのTensorflowについてです。 Googleから2015年に一般公開されてから…

やられた!遠近が変わるメガネ

今回の記事 ワンタッチで遠近のフォーカスを切り替えるメガネ「TouchFocus(タッチフォーカス)」 [インターネットコム] ガラスや強化プラスチックのレンズではなく、液晶レンズのメガネ。内蔵されてる電子回路によって遠近が切り替えられるメガネらしいです…

人工知能に学習されるときに知っておくべき法律

今回の記事 [www.itmedia.co.jp/news/spv/1710/10/news040.html:title] 機械学習や人工知能がブレイクスルーした要因として、ハードウェアのスペック向上とインターネットの普及があげられると思います。 そんな中、日本の法律では「情報解析を行うために著…

人工知能が導いた結果を説明する技術

今回の記事 「AIが出した結果」の理由を探る技術、富士通らが開発 - ZDNet Japan 最近テキストマイニングをしていて、クラスタリングもやっているんですが、どうしてその結果になったかという説明はなかなかできない。 そんなことは人工知能に関わる人なら誰…

核よりも力を持ち得る人工知能

今回の記事 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状|WIRED.jp しばらく長期休みだったので、この形式の記事を書いてなかったが、今日から復活 核よりも人工知能が力を持ち得るかもしれないということは、ロシアのプーチン大統領が…

技術で整理する『戦略』〜北朝鮮ICBMからの考察〜

昨今北朝鮮のICBMによる危機が日本中で話題になっています。思いつくことをそのまま書いてみようと思いますが、 ・なぜ日本全体を射程に収めるノドンがそれほど話題になっていないのか?・ICBMはロシア中国なども保有しているのに話題にならないのか? 等々…

データ扱い量はペタのその先へ

今回の記事 ビッグデータ解析で躍進の「MapR」 IPOに向け最終準備へ (Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース ビッグデータに関しては完全に門外漢な感じがしますが、人工知能と話せない技術なので、ある程度はウォッチしてます。 MapRっていうツールを提供してる…

クラウドだけでなく、役割分担してなにかしてる人に参考になると思う

今回の記事 AWS利用者から学ぶセキュリティのベストプラクティス - ZDNet Japan 責任分担モデルっていうのは、クラウドでインフラ設計をしてる人だけでなくて、オープンイノベーションとか他のシステムサービスを使ってビジネスする人だけでなくて、ビジネス…

人工知能のせいで世界大戦が起きる?

今回の記事 TeslaのElon Muskが国家間のAI競争が第三次世界大戦を招くと警告 | TechCrunch Japan 人工知能脅威論の筆頭のイーロンマスクさんがまたしてもいろいろ呟いてるみたいです。 確かに技術が進展する際に、1番最初に利用が進むのは軍事分野であること…

機械学習工学の興り

今回の記事 機械学習によるシステム開発に工学的アプローチを、ソフトウェア工学研究会のパネルディスカッション | IT Leaders 初めて知ったことが書いてある記事だった。1960年代にソフトウェア危機があり、ソフトウェア工学が確立したらしい。 確かにソフ…

給料の前借りだけでなく、前払いもあるとは知らなかった。。

今回の記事 給与前払の「Payme(ペイミー)」、インキュベイトファンドや若手エンジェル3名から5,200万円を調達——導入企業20社を集め、β版をローンチ - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) この記事を見るまで、「前払い」ということを知らなかった。 ドラマでよく…

人工知能に寄らなくても、時代で賢さの定義は変わる

今回の記事 [www.dhbr.net/articles/-/4985:title] 数百年前に機械が、十数年前にインターネットが登場して、そうだったように人工知能が登場することによって、人間の「賢さ」の定義は変わっている。 当たり前だが、大昔の「賢さ」は今の定義と全然違ったと…

AI活用はかなり泥臭いということを理解すべき

今回の記事 企業幹部が考えるべきAI活用の実際--未来の仕事をどう変えていくのか - ZDNet Japan この手の「AIを活用するには〜」という記事を見るたびに思うことは、「AI活用する前の作業はかなり泥臭い作業だと思うべき」ということである。 AI導入後は確か…

ずっと人間ができないことはAIに任せればいい

今回の記事 人間の医師を凌駕! ほぼすべての心不全を正確に判定するAI診断ツールを米大学が開発 | Techable(テッカブル) 不整脈の検出に関して、小型デバイスと深層学習でより正確に診察できるようになったらしいです。 健康な人でも1日に数回なっているので…

人工知能が集まることで。。人工群知能

今回の記事 人工群知能?22体のAIによるサッカー展開予測ツール『WARP』がヤバイ - BITA デジマラボ 完全に見落としていた「群知能」 言われてみれば、人工知能が集まってなにかをする事例って最近見てなかった気がします。 この記事では、スポーツの予測に…

グーグルはソフトウェアだけでなく、ハードウェアの企業でもある

今回の記事 グーグル、セキュリティチップ「Titan」の詳細を説明 - ZDNet Japan Googleのサーバ用のチップについて紹介記事です。 多くの人はGoogleはソフトウェアの会社だと思っていらっしゃると思いますが、Googleクラウドプラットフォームがあるように世…

ディープラーニングはセンスを持っている?

今回の記事 天才プログラマーが予測する「AIが導く未来」 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 機械学習と深層学習の違いについて書かれている良記事。 「なんとなく理解しているつもり」の人は絶対に読んだほうがいいと思う。…

日本人としての考え方の整理〜続・哲学用語図鑑〜

今回の本 続・哲学用語図鑑 ―中国・日本・英米(分析哲学)編 作者: 田中正人,斎藤哲也 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2017/06/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 読もうと思ったきっかけ この本の前作の本である、哲学用語図…

人工知能を通じて、「人間」の理解が進む

今回の記事 Googleが膨大な数の「ヘタクソな絵」を公開した、AI研究者にとっては面白いネタの宝庫だ | TechCrunch Japan しばらく前に、簡単な絵をパソコンで書くときれいな絵に置き換えてくれるという、人工知能を使ったサービスが登場しましたが、今回はGo…

人材獲得におけるブランディングの重要性

今回の記事 「なぜデジタル人材はウチに来ないのか」--GEに学ぶ“採用ブランディング”のあり方 - ZDNet Japan この記事では、アメリカのGEの採用戦略について書かれています。 昨今ハイレベルのデジタル系人材は世界的に見ても不足していて、引く手あまたです…

人間の仕事を奪うのではなく、領域変更をしてくれる人工知能

今回の記事 『白い巨塔』の財前教授、AIでさらなる高みへ? | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 - この記事では医療現場における人工知能の可能性について書かれている。 日本とそれ…

人工知能に偏りのないデータで学習させるべき!?

今回の記事 普遍性を担保するための多様性--AIに読ませるデータが「虹色」である必要 - ZDNet Japan 記事タイトルが「普遍性を担保するための多様性多様性--AIに読ませるデータが「虹色」である必要 -」となっている。記事の大半は、現在のIT企業を育んだア…

AI勃興も歴史に学べ

今回の記事 AIは人間の仕事を奪うのか? 歴史が示す意外な事実 | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 - このブログでも、これまでAIを必要以上に怖がらなくてよいということを書いてき…

ハードではなくソフトが世界を動かす

今回の記事 「ポケモンGO」を生んだ男が語る技術の本質 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 同年代のポケモンGOの開発リーダーをしている人の記事。 最近では、ある程度のハードウェアは誰でも作れるようになってしまったため…

自分が目指すべきはBI型のデータサイエンティストだと思う

今回の記事はこちら 「2タイプのデータサイエンティストの協働」が、AIプロジェクトを成功に導く - ZDNet Japan 今の職場でも求められているデータサイエンティスト。言葉ばかりで自分の中でしっくりこなかったのだが、この記事を読んで、それがすっきりした…