kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

座禅と脳の関係について(DMN:デフォルト・モード・ネットワーク)

スポンサーリンク

個人的に座禅というか、マインドフルネスと脳の関係をまとめたいと思います。

DMN:デフォルト・モード・ネットワークを知ったきっかけ

自分がDMN:デフォルト・モード・ネットワークを知ったきっかけは、下記の本です。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

今のように、マインドフルネスが流行る前から、座禅というか、東洋哲学としての仏教に興味があったこともあり、いろんな座禅に関する本を読んでいました。
もちろん座禅と脳の働きに関係することについて、書かれている本も多くありましたが、「どうして、座禅が脳の働きに良いのか?」という科学的な視点から記載されている本は、この本で読んだのが初めてでした。

脳の構造について

人間の脳は、

1.脳幹
2.小脳
(ここまでが大脳辺縁系)

3.大脳新皮質

という構造でできている。

俗に、大脳辺縁系が「動物脳」、大脳新皮質が「人間脳」と呼ばれています。

脳は、人間の臓器の中でも比較的「新しい」臓器であり、体重の2.3%しかないのにもかかわらず、総消費カロリーの20%ほどを占めてしまいます。
その為、「まだ使い方がこなれていない臓器」であると言えるのではないかと感じる。

DMN:デフォルト・モード・ネットワークとは?

『世界のエリートがやっている最高の休息方法』から引用すると、

DMNとは、内側前頭前野、後帯状皮質、楔前部、そして下頭頂小葉などから成る脳回路であり、意識的な活動をしていないときに働く脳のベースライン活動だ。いわば脳のアイドリング状態といったところだろうか。端的に言えば、脳というのは、つねに動いていようとする臓器なのだ。

が定義です。

DMNは、基本的な脳の働きのことを指していて、その人が持っている「脳の使い方の癖」をそのまま反映してしまうみたいです。なにもしていないときに、同じことを考えてしまう場合は、それがその人自身のデフォルト・モード・ネットワークの働きによるものです。僕の場合、よく過去の失敗を反芻してしまうことが多いです笑

しかも、たとえボッーとしていたとしても、脳でデフォルト・モード・ネットワークが活性化してしまうと、ものすごくエネルギーを消費してしまうそうです。

DMNと禅の関係

自分では休んでいたと思っていても、脳ではデフォルト・モード・ネットワークが働いてしまい、実際は全然休んでいないことなってしまい、疲れを癒やすどころか、疲れを増している結果になってしまいます。

そこで、強制的に脳を休ませる方法として、「座禅」が有効であるそうです。

禅の種類は様々で、

  • 数息観(自分の呼吸数を数える座禅)
  • 月想観(お月さまを想像する座禅)
  • 歩行禅(歩いている自分の動きをすべて認識する瞑想)
  • 食事禅(自分が食べている行為すべてを認識する瞑想)

など様々なものがあり、自分の解釈ですが、すべての禅で「今に集中する」ということが重要であるように思います。「今に」集中することで「人間脳」ではなく、より深い位置にある「動物脳」を制御することができ、結果として、脳全体にいい影響を与えることができるのだと思います。

DMNと『非集中』

また、デフォルト・モード・ネットワークについて、いろいろな書籍を見てきましたが、

ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

  • 作者: スリニ・ピレイ,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

が分かりやすかったです。

この本では『非集中』という言葉を使って、脳のパフォーマンスをどう上げるのかということを書いています。

より深く『集中』するためには、『非集中』することもできるようになるべきだということがこの本の主張でもあります。たしかに、メリハリを効かせたほうがパフォーマンスがよくなることは経験上実感していることでもあります。

何気ない落書きや散歩などが『非集中』を鍛える方法だということですが、どれも自然に「今」に集中することができる方法ではないかと考えます。

自分もこうしたことはやっているので、知らず知らずのうちに『非集中』が鍛えられているのかもしれません笑

まとめ

個人的に、座禅をしても、書籍に書いてあるような、「頭の整理がされる」と言う感覚はまったくなく、むしろ「自分の考え方を強化してしまう」というような感覚がある。

やっぱり誰か師匠について、修行をしたほうがよいのではないかと感じた。

ではでは。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 
脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]――[脳科学×瞑想]聞くだけマインドフルネス入門

脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]――[脳科学×瞑想]聞くだけマインドフルネス入門

 
ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

  • 作者: スリニ・ピレイ,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク