kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

自動運転技術に関する自分の感覚と調査報道の違い

スポンサーリンク

やっぱり自分の感覚はあてにならないのかな?という話。
今回の記事をきっかけに、自分の情報収集に関して反省したいと思う。

今日の記事

 

www.businessinsider.jp

自動運転に関する技術についてのこの記事。
前提として、自分がWeb関連の仕事をしていることもあり、情報ソースがWeb業界に偏っている。その為、Googleが業界をリードしていて、自動車業界がスタートアップを吸収しながら必死に追いかけているのかと思っていたました。

しかし、この記事の画像を見て、びっくりした!

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/04/05/58e27d4a8af5781d008b5d87-w960.png

引用:ビジネス・インサイダー記事

記事中にこの画像の作成方法について書いてあった。

リーダーシップグリッドに掲載された企業は、先見性、市場開拓戦略、提携先、生産戦略、技術力、商品力、マーケティング及び流通、品質の高さ及び信頼性、製品のポートフォリオ、持久力の10の基準に基づいて査定された。各企業にはそれぞれのカテゴリーにおけるパフォーマンスに基づき、100点満点中の総合スコアが付けられている。 

確かにこの基準の中に「マーケティング及び流通」「製品のポートフォリオ」という項目があり、既存の大きな自動車会社に有利な項目があり、ランキングに大きな影響があったのではないかと個人的に考えている。

Web業界の会社やこの種のスタートアップは、マーケティングを上手に行うことがビジネス的に重要な点を占めていると思う。自分の情報ソースの大半がWebサイトということもあり、今回の印象につながっていったのではないかと思う。

 

常に物事を正しく見ることは難しいが、自分の感覚と違う情報をキャッチした場合は、しっかりと読み込み、今後の情報収集における反省の機会にしたいと思う。

ではでは。

スポンサーリンク