kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

ポケモンGOでポケスポットになったお店のためのマーケティング考察

スポンサーリンク

なんだか、東京はここ数日涼しい日が続きますね。
全世界で話題となっているポケモンGOですが、今年30でがっつりポケモン世代の僕もさっそくポケモントレーナーになってプレイしています!

マーケティングのお仕事をしている関係で、集客効果のことをつい考えてしまい、今日は、7月22日に日本配信が始まったポケモンGOのポケスポットのマーケティング効果について考察したいと思います!

そもそもポケモンGOってなに?

 

www.pokemongo.jp

公式サイトからの引用しますが、
「『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲーム!」
です。
つまり、スマホを持っているだけでは、ゲームを楽しむことが出来ず、実際に行動しないと楽しむことが出来ないゲームとなっております。

そのため、多くの皆さんがご承知しているように、世界的に歩きスマホが原因で様々な事件・事故が発生しています。 ただ、こうした現象は多くのポケモントレーナーが実際に行動を起こしている証拠とも言えます。

ポケスポットとは?

f:id:noirhibou:20160723145507j:plain

この四角のことをポケスポットと呼び、近づくと円形に変化します。
円形になってタップし、回転させると、ゲームに必要なアイテムや経験値を獲得することが出来ます。そのため、ポケモントレーナーはこのスポットを巡り、歩き回るわけです笑

このポケスポットはゲームを配信しているGoogle子会社であるNianticがランダムで指定しているため、自分で設定することが出来ません。
しかし!偶然ポケスポットになったお店にとっては人を集めることができるチャンスになるのではないかと思います。

 

なぜ人を集めることができるのか?

f:id:noirhibou:20160723150408j:plain

赤丸のように、ポケスポットでも花びらが舞っているようなポケスポットがあります。
これは、課金アイテムであるルアーモジュールを使用することで、このような状態になります。この状態は30分続き、この状態のポケスポットの近くではポケモンが出現しやすくなります。そのため、これに釣られたポケモントレーナーが集まってくると言うわけです。

どれくらいの費用で使用することができるか?

f:id:noirhibou:20160723150845j:plain

7月23日現在、ルアーモジュールは1つ100ポケコイン、8つで680ポケコイン(ひとつあたり85ポケコイン)で購入することができます。

ポケコインはゲーム内の通貨であり、別途ポケコインを購入する必要があります。

f:id:noirhibou:20160723151118j:plain

7月23日現在、ポケコインは上記のようなレートになっています。
まとめて買ったほうがレートがよく、14,500ポケコンを購入した場合、1ポケコインあたり約0.81円となります。

この場合に、ルアーモジュール8つを買うと、ルアーモジュールひとつあたり約69.2円で使用することができます。

そのため、営業時間12時間のお店の場合、約1,661円で1日カバーできることになります!14,500ポケコインだと、約1週間分のルアーモジュールを購入することが出来ます。

その上、ポケスポットに対してルアーモジュールは誰でも使用することができるので、必ずしも、そのポケスポットのお店の人がルアーモジュールを使用しなければならないというわけでもありません。
熱心なポケモントレーナーが近くにいる場合、勝手にルアーモジュールを設置してくれるというケースもあると思います!

費用対効果の考察

アメリカの数字になりますが、ポケモンGOの1日アクティブユーザー数がTwitterの1日アクティブユーザー数に迫っているという統計も出ています。ざっくりスマホを持っている人の20人に1人がポケモンGOを見ているので、それなりの効果を見込むことができると思います。

www.huffingtonpost.jp

自分の経験から、Googleアドワーズに出稿する場合、平均的に1回あたり100円程度掛かりますし、紙の折込チラシも1枚あたり9.7円掛かります。

紙の折込チラシの数字は、右記URLよりhttp://www.myori.net/price/

かなり乱暴なこじつけになりますが、Googleアドワーズ16回分、紙の折込チラシ171枚分で、1日広告ができるのであれば、すごく効率がよい広告なのではないか?と思いました。

自分も歩きまわって、ゲームを楽しんでいますが、ポケスポット巡りをしていると、「こんなとこにこんなお店があったんだ。」と思うことがあったので、他のポケモントレーナーも同じことを感じてると思います。

ご注意

これまで考察してきたことは、ざっくりとした計算を見込んだものであり、効果を保証するものではありません。

日本でどれだけのユーザーが利用してるか?やどれくらいの期間ゲームを利用するか?についての数字については、まだWeb上でも公表されていません。

また、アメリカのニュースにもなっていますが、強盗目的でルアーモジュールを使用しているケースがあり、問題となっていることも事実です。
ゲームを楽しむ場合やこの記事で紹介した手法を使用する場合も、細心の注意を払って頂ますようよろしくお願いいたします!

僕もついつい熱中しがちなので、事故に合わないように注意しながら楽しみます!

 あと、個人的には、Fitbitというガジェットを着けて歩いているので、そっちでも効果を図ってみたいと思います笑

 

ではでは。

スポンサーリンク