kuroplan備忘録

このブログは、東京で働いているデジタル系起業家・元戦略コンサルが、調べてみてわかったことなどを30分で記事としてアウトプットしてる備忘録です。

MENU

Health hackerへの第一歩。

スポンサーリンク

どうも。noirhibouです。

f:id:noirhibou:20151102145440j:plain
©Leo Hidalgo

普段、僕が行っている健康管理の全体像を紹介したいと思います。

サラリーマンをしていると、夜が遅くなってしまうことが多く、食事もコンビニで軽く済ませてしまうことも多くあります。
そこで、僕が気にしているのは、
1.体脂肪率
2.活動量
3.その時々の気分
の3つです。

3.その時々の気分については、毎晩している1日レビューの際に手帳に書き込むようにしているのですが、1.と2.については、機械の力を借りています。

日々、意識せずに健康管理をするには?

毎日欠かさず、いろんなデータを取得することで、その時々の自分の調子などを正確に把握することができます。

しかし、「毎日」って、とてもハードルの高いですよね?

そこで、僕は体脂肪率は、Withingsの体重計を利用し、

活動量は、FitbitのChargeHRを利用しています。

この2つを利用することで、そこまで日々意識することなく、「体脂肪率」と「活動量」を把握することができるようになります。

Wi-Fiにつながっているので、自動で情報収集

まず、WithingsのSmart Body Analyzerについて紹介します。

【日本正規代理店品】 Withings ネットワーク対応 体重計 Smart Body Analyzer WS-50 ( Bluetooth Wi-Fi 機能搭載 / 超薄型 / 体重 / 体脂肪 / 心拍数 / 室内環境 ) ブラック 70023101

このガジェットは、体重、体脂肪率だけでなく、心拍数、お部屋の二酸化炭素濃度、その日のお天気などを教えてくれる機能がついています。

初期設定をする必要がありますが、その後は、Wi-Fi経由で専用のアプリへ、日々のデータを送ってくれるようになります。

実際に、こちらが僕のデータとなっています。

f:id:noirhibou:20151102141757j:plain

毎日、このガジェットに乗るだけで、こういう風に自動的に記録をしてくれます!
普通の体重計では自分でノートに記載して、エクセルとかでグラフ化するみたいな工程を踏まないとここまでできません。

僕も経験があるのですが、普通の体重計だと、数ヶ月もすれば乗らなくなり、お部屋のインテリアと化してしまうことがあります。しかし、このガジェットだと、購入して2年経ちますが、自宅にいる時は、毎日データ取得をすることができています!

このガジェットはすごくコスパがいいと思います。
普通の体重計は、だいたい4,000円位で、3ヶ月位利用するとして、1日40円。
このガジェットは、20,000円するのですが、もう2年利用していますので、1日27円。これからも毎日利用していくと思いますので、どんどんコストが低減していくと思います。

簡単活動量収集!

次にFitbitのChargeHRの紹介をします。

【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN 

このガジェットは、歩数、距離、消費カロリー、登った階数、心拍数、睡眠状態など、自分の活動に関する様々な情報を取得してくれます!

それまで腕時計をしていなかったのですが、時間だけでなく、自分の健康状態を把握することができるので、このガジェットを購入することにしました。

実際のこの1週間の歩数はこんな感じです。

f:id:noirhibou:20151102144216j:plain

平日は仕事をしているので、それなりに歩いているんですが、休日になると途端に歩かなくなってますね。。

基本的にお風呂に入る時以外は、このガジェットを腕にしているのですが、それほど気になりません。
あと、個人的に重宝しているのが、バイブレータ機能が搭載です。アラームや電話がなった際に震えてくれるなど、いろんな使い方ができます。

まとめ

以上が、僕の健康情報を収集するガジェットの紹介でした。
実は、この2つのガジェット、別会社のサービスになっていて、連携させるのに一苦労します^^;
個別のガジェットについても、いろいろと僕なりのオススメの使い方がありますので、またご紹介していきたいと思います!

ではでは。

スポンサーリンク